canvas getContext(‘opera-2dgame’)

Posted by dab | 2007年12月16日 日曜日 7:07:28 < コンピュータ >

文字通りOpera用のプロパティで、canvasに対応したコンテクストを取得します。
使い方は

canvas=document.createElement(‘CANVAS’);
gcon=canvas.getContext(‘opera-2dgame’);

これだけ。
メソッドは3種類、lockCanvasUpdates()、setPixel()、getPixel()のみ。
以下のことが可能です。

  • ピクセル単位の色の取得
  • ピクセル単位の色塗り

con.save()
con.translate()
に相当すると思うコンテクストのロックやアンロックのメソッドもあるみたいですが、
gcon.lockCanvasUpdates(false);
//gconを使って色塗り
gcon.lockCanvasUpdates(true);
これは説明不要ですね。

色を取得するには

color=gcon.getPixel(x, y);

色に透過情報(α値)が含まれていればrgba(r, g, b, a)の形式の”文字列”、
含まれていなければ#rrggbbの形式の”文字列”。

色のセットは

gcon.setPixel(x, y, color);

colorに指定出来るのはgetPixelの戻り値と同じ2種類と、
CSS2の’red’や’blue’などの色名をサポート。

参考サイト

http://www.whatwg.org/specs/web-apps/current-work/multipage/
http://developer.apple.com/documentation/AppleApplications/Reference/SafariJSRef/Classes/Canvas.html
http://www.opera.com/docs/specs/opera9/canvas/
http://cow.neondragon.net/index.php/1210-Opera2dgame-Canvas-Context
http://my.opera.com/WebApplications/blog/index.dml/tag/canvas
http://my.opera.com/WebApplications/blog/show.dml/200788
http://lists.whatwg.org/pipermail/whatwg-whatwg.org/2006-April/006279.html

TrackBack URI : http://home.wi-wi.jp/blog/wp-trackback.php?p=137

Leave a comment

:mrgreen: :neutral: :twisted: :shock: :smile: :???: :cool: :evil: :grin: :oops: :razz: :roll: :wink: :cry: :eek: :lol: :mad: :sad: