CSS 2.1 Specification アップデート

Posted by dab | 2007年8月1日 水曜日 11:28:14 < コンピュータ >

Cascading Style Sheets Level 2 Revision 1 (CSS?2.1) Specification
CSS2.1の仕様がワーキングドラフト(下書き)から正式な仕様になる前段階(Candidate Recommendation : 推奨される候補)まで更新されました。

変更点抜粋

Features at risk

BODY element in XHTML

追加

The effect of ‘overflow’ and ‘background’ is different on BODY elements in HTML than on other elements. It may be that the exceptional handling of BODY in HTML is extended to BODY in XHTML1.


4 Syntax and basic data types

4.1.3 Characters and case

追加

If the number is outside the range allowed by Unicode (e.g., “110000” is above the maximum 10FFFF allowed in current Unicode), the UA may replace the escape with the “replacement character” (U+FFFD). If the character is to be displayed, the UA should show a visible symbol, such as a “missing character” glyph (cf. 15.2, point 5).


5 Selectors

5.11.2 The link pseudo-classes: :link and :visited

変更

UAs may return a visited link to the (unvisited) ‘:link’ state at some point.

訳注:ドラフトでは:linkを適用するか、:visitedを適用するかをユーザーエイジェントが決めてよいとなっていました。
これにより、:linkが書かれていて:visitedが無いアンカーに対し、:linkが適用されるようになると思います。


その他、誤字脱字の修正と、
border/margin/paddingに関連するwidthやheight、min-width、min-height、float、の考え方について明記されています。


Appendix Cに修正が入っていますが、力尽きたので後は後日。

TrackBack URI : http://home.wi-wi.jp/blog/wp-trackback.php?p=67

Leave a comment

:mrgreen: :neutral: :twisted: :shock: :smile: :???: :cool: :evil: :grin: :oops: :razz: :roll: :wink: :cry: :eek: :lol: :mad: :sad: